合宿免許の教習における延長料金

###Site Name###

合宿免許は、文字通りホテルや旅館、その他の宿舎などで泊まり込みの合宿をしながら教習を受けて自動車学校を卒業するというスタイルですので、普通に自宅から通学する場合にくらべると、さまざまな時間的なロスが少なくなり、最短の期間で運転免許証を取得することができるとして好評になっています。ところが、いかに合宿免許とはいっても、公道を自動車で走行するための資格を得る教習にほかなりませんので、教習の標準的な時間数というのは、普通に通学する場合と別に変わっているわけではないのです。



そのため、ひごろから運動神経に自信がなかったという人や、機械に極端に弱い女性などが、まれに時間数をオーバーしてしまうということがあります。



交通安全についての知識がものをいう学科試験については、一夜漬けのような方法で乗り切れなくもありませんが、技能検定のようなものについては、そもそも教習車に乗ることができる時間が決まっているため、勝手に練習して運転技能の底上げを図り合格するということもできません。


このような場合、技能教習を余計に受けた時間数に応じて、延長料金がかかってしまうというのが普通であり、1コマの延長でも数千円は請求されるものと考えたほうがよいでしょう。

合宿免許といえばこちらがオススメです。

ただし、はじめから卒業までの保証付きとして受講生を募集している合宿免許の場合には、保証によってこうした延長料金は解消され、いっさい支払いをしなくてよいことになりますので、安心して延長での受講が可能です。